毎日続けている私の健康管理法

子育て中の私としては、簡単に調子が悪くなってしまう事はどうしても避けたいと思っています。また病院に行く時間もないので、自分で健康管理しなければいけません。そこで私はいくつかの健康管理法を行う様になりました。

私の健康管理法の一つは、睡眠時間を確保するという事です。
20 代前半位までは寝なくても平気でしたが、やはり20代の半ばを過ぎるころからは寝ないと翌日の調子が悪くなってしまう事が増えて来ました。その為、私は しっかりと寝る様にしています。用事が何もなくて暇な時は22時には寝て、忙しくてなかなか早く寝られないという時でも、日付が変わるまでには寝ると決め ています。

勿論、絶対に毎日このルール通りに過ごす事は出来てはいませんが、睡眠時間の確保を意識する様になってからの方が確実に体調が良 くなってきました。また朝は6時から6時半には起きる様にしています。朝寝坊をしてしまうと結局夜更かしをしても大丈夫になってしまって、早く寝る事がで きなくなってしまうからです。

もう一つはなるべく便秘にならないようにするという事です。
元々私は酷い便秘で、10年程は便秘薬を使わないと排便できないような状態でした。しかしその状態では体力も落ちるし、何より健康的ではありません。だから私は便秘を解消する努力をしています。

一つは水分摂取を心掛ける事、後は野菜を沢山食べる事です。またなるべくトイレを我慢しないようになってからは、次第に自力でも排便できるようになって行きました。便秘薬がなくても排便できる様になった頃から、次第に調子が悪くなる機会も減ってきた感じがしています。

睡眠と排便、基本的な事ですが、やはり健康管理をする上ではとても重要な事ではないでしょうか。
大 人になるとなかなか難しいかもしれませんが、子供の頃みたいにしっかりと寝たりする事が、やはり健康の維持増進には必要だと思っています。またこの方法で あれば特別な道具も要らないし、費用も発生しません。だからいつまでも続ける事ができる健康管理法なので、私としてはとても気に入っています。